*

現金化に失敗すると出てくる取引停止のリスク

クレジットカードを現金化には常にリスクが付きまとっていることは理解できるでしょう。
そんなリスクの中でも、大きなものとなるのがカードの取引停止です。 

理由は様々なものがありますが、不用な商品の転売は、最も目をつけられるところになります。

頻繁どころか、転売するために購入した段階で、取引停止にする厳しい判断を下すところも少なくありません。

必要なことは、どうしたらこうしたリスクを回避できるかです。

 

利用するうえでは、ショッピング枠の限界まで使わないことでしょう。

余裕を持つことが重要で、限界まで利用しているとカード会社はどこか問題があるのではないかと考え始めます。

たとえば、カードを紛失してしまい、赤の他人が使っているケースです。

 

同じ商品を繰り返し購入するようなことをしていても、調査されることが出てきます。

ほかにも、利用できない商品の大量購入も危険です。

特に新幹線のチケットが知られていますが、東京に住んでいて大阪から博多までのチケットを大量購入したらどうでしょう。

どう考えても使えないのですから、疑ってかかることになるはずです。

 

突然高額な買い物を始めるのも、リスクがある方法になります。

これも盗難を疑うことになり、調査を始めることになるでしょう。

 

もしも、取引停止になったりすれば、回復させることは非常に困難です。

そういったリスクを作りだすぐらいなら、回避できる方法を使っていくことが得策だといえるでしょう。

札幌でおすすめのクレジットカード現金化業者:http://クレジットカード現金化札幌.net/

タグ :


コメントする